コーヒーを淹れる時間を提供する

気がつけば、家事の多くを機械が代行するようになった。機械が洗濯を回し、食器を洗い、床を履く。

コーヒーマシーンの性能も申し分ない。それでも、私たちはコーヒーだけは手で淹れることにこだわっている。なぜだろうか。

私たちは「コーヒーを淹れる時間」を楽しみたいのだ。どんなに世の中が機械化が進んでも、非効率なやり方でも、この時間を楽しみたいのだ。

-- 朝起きてから、寝ぼけた頭を動かすために

-- 仕事で煮詰まった時、気分をリフレッシュするために

-- 夜、1日の疲れを癒すために

あなたのコーヒーを淹れる時間が、しあわせなものになりますように。

Happy Brewing ☕️