Weekly Update @ Clubhouse #1

新しいコーヒーブランドを立ち上げたくなったので、前職でお世話になっていたデザイナーの @kecbon に、パッケージデザインを相談する会を設定してもらいました。その様子は、いま流行りの Clubhouse で公開していました。

背景

  • リモート勤務になって、コーヒー豆の消費量が増えた
  • まずは自分用に焼きたい。自分が手に届く範囲、友達の友達くらいに飲んでもらいたい
  • 「自分はこんなのが美味しいと思うんだよね」を伝えたい

販売戦略

  • オンライン販売のみ。店舗の出店は今のところ予定なし
  • 既存の EC サービスを利用せず、購入前から飲む瞬間までの体験を一貫して作る

ブランドターゲット

  • 20代後半から30代前半
  • 友達の友達くらいを考えている
  • 固定ファンをつけ、リピートしてもらえるようなブランドを目指す
  • 価格帯は600-800円(送料別)あたりが理想ではある
    • 原価などは未調査であるため、あくまで理想

パッケージデザインについて

  • 洋室のキッチンカウンターに置くイメージ
  • 部屋に馴染むデザイン
  • インスタにあげることを目的にしない

ブランド名候補

  1. Ignite Coffee
  2. Happy Brewing Coffee
  3. Osusowake coffee

1. Ignite Coffee

  • ignite には「感情を喚起する」という意味がある。自分のコーヒーを飲んで気持ちを高めて欲しい。
  • 似たような単語を使った有名なお店が多い
  • シンプルなデザイン、キッチンに馴染むというデザインに対して、単語のもつ印象が強い

2. Happy Brewing Coffee

  • 店舗を構えるわけではないので、コーヒーを淹れてあげることはできない。コーヒーを淹れる時間をハッピーな気持ちで楽しんでもらいたい
  • エンジニアの中で Happy HackingHappy Codeing のように使われる

3. Osusowake Coffee

  • 出発点が自分用に焼いた豆を「お裾分け」する
  • 利用シーンがイメージしやすい
    • 友人にお裾分け
    • 結婚式のプチギフトにも使ってもらえるのでは
  • デザインが和風になりそう?
    • そうならないようにできると思う

オーディエンスから

ここからは Clubhouse の部屋に集まった方々をスピーカーへと招待し、感想や意見をいただきました。 Clubhouse の規約的に許可が取れていない話は書き起こしができないため、ここでは割愛します。お話ししてくださった皆様、本当に貴重なお話をありがとうございました。

まとめ

  • ブランド名は Happy Brewing Coffee に決定
  • tetsuya がコーヒーをやる意味の解像度をあげたほうが良さそう
  • 来週あたりに、作業進捗報告をする